外構工事

c0179809_1771878.jpg
富士見市K様邸の外構工事です。
c0179809_178451.jpg


土間コンクリートを曲線に打ちました。

こうゆう仕事は図面上ではなかなか寸法の表現ができません。

職人さんのセンスがものをいいます。

c0179809_1713032.jpg


そしてその一角に外水栓のスペース。

左のほうに見えるのはご家族の手形を埋め込んだ記念碑みたいなものを作ってみました。

なかなかこだわりの外構です。

(工務課 塩谷 正男)


[PR]
# by okuyamakomu | 2009-05-09 17:15 | 富士見市K様邸 | Trackback | Comments(0)

完成!

c0179809_15285436.jpg
現場監督の小高(兄)です。
3月から行っていた本社屋改修工事、お蔭様で無事完成しました。





c0179809_1531479.jpg

木製フェンスは社員で塗装。
植栽は高い樹以外は社長が植えました。
c0179809_15311794.jpg

社長、お疲れ様でした。

また、各協力業者の皆様の頑張りも順次ご紹介します。
お楽しみに!

[PR]
# by okuyamakomu | 2009-05-07 15:37 | 本社屋改修工事 | Trackback | Comments(0)

気密検査

c0179809_13564781.jpg

富士見市K様邸 いよいよ気密検査です。

c0179809_13573550.jpg


この仰々しい機械で気密測定します。

結果は 0.2c㎡/㎡

次世代省エネ基準の埼玉県基準は 5.0c㎡/㎡

奥山建設が着工前にお客様にお約束するのは 0.7c㎡/㎡以下なのでクリアです!

この 0.2 という数字は、K様邸ではお家全体の隙間をかき集めると
32c㎡(4cm×8cm)の隙間があるということです。

上出来です!

職人さんたちお疲れ様!

(工務課 塩谷 正男)


[PR]
# by okuyamakomu | 2009-04-26 14:06 | 富士見市K様邸 | Trackback | Comments(0)

土間コンクリート押さえ!

c0179809_1243593.jpg
こんにちわ、監督の小高(兄)です。
今日は土間コンクリートの仕上げの話題です。





土間コンクリートの仕上げには何種類か有りますが、本社屋改修工事
では、現場用語で「一発押さえ」を採用しました。
「一発押さえ」とは、コンクリートを打設すると当然、段々と固まってきて、
その固まり具合を見て「コテ」で表面をこすり仕上げる事です。
2度こすり、表面を滑らかにする仕上げです。
その作業の際、活躍するのが「コテ」の他に有ります。
c0179809_12523239.jpg

足元の長靴に付けている、雪の上を歩く時に履く「かんじき」の様な道具。
押さえの段階でもまだコンクリートの表面は柔らかいです。
そのまま歩くと足が潜ってしまうのでこの道具を使います。
私も名前は知りません。今度調べてみます。

[PR]
# by okuyamakomu | 2009-04-16 13:01 | 本社屋改修工事 | Trackback | Comments(0)

階段踊場

c0179809_21323041.jpg
富士見市K様邸の階段踊場です。

c0179809_21225931.jpg


床板がフロア材でジグザク(千鳥といいます)に貼ってあります。

当然、まっすぐ貼るより手がかかります。

特に監督の私が頼んだわけではありません。

きっとできてしまうと普通の光景。

もしかしたら言わなければ誰も気付かないかもしれません。

でもこの棟梁は好きだからやるのです。

よく思いますが建築の仕事は趣味も多少兼ねないとできないのかもしれませんね。

(工務課 塩谷 正男)



[PR]
# by okuyamakomu | 2009-04-14 21:36 | 富士見市K様邸 | Trackback | Comments(0)